ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

更新日:2020年12月24日更新
印刷ページ表示

シトラスリボンを付けて本会議に臨みました

現在、「コロナ差別」が社会問題となっています。市議会では、新型コロナウイルス感染症は誰もが感染する可能性があることから、お互いが思いやりを持ち、支えあいながら「安全・安心のまち」「思いやりのあるまち」を目指すことの意思表示として、令和2年12月23日開会の令和2年11月定例会において、議員全員がシトラスリボンをつけて臨みました。

シトラスリボン着用 シトラスリボン着用

シトラスリボンプロジェクトとは・・・

 コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛県の有志がつくったプロジェクトで、愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、感染者や医療従事者等がそれぞれの暮らしの中で「ただいま」「おかえり」と言い合える、心から暮らしやすいまちを目指すものです。リボンの3つの輪は「地域」「家庭」「職場(学校)」を表現しています。

シトラスリボン


一般質問映像配信

会議録検索システム

牧之原市議会だより
かけはし
議会だより第63号表紙

傍聴のご案内

議員紹介
議会だより「かけはし」
会議録閲覧
市議会中継
市議会年間行事予定