ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境課 > 牧之原市は「ゼロカーボンシティ」を宣言しました ~2050年CO2実質排出量ゼロを目指す~

本文

更新日:2021年1月8日更新
印刷ページ表示

牧之原市は「ゼロカーボンシティ」を宣言しました ~2050年CO2実質排出量ゼロを目指す~

市長と宣言書

牧之原市は市民や事業者の皆さまとともに、国際社会の一員として、また、本市の目指す将来都市像として掲げる「絆と元気が創る 幸せあふれみんなが集う NEXTまきのはら」、環境像として掲げる「うみ・そら・みどりと共生するまち まきのはら」の実現のため、2050年までに二酸化炭素の実質排出量ゼロ(注1)を目指す「ゼロカーボンシティ」(注2)に果敢に取り組むことを宣言しました。

注1)実質排出量ゼロとは、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの人為的な発生源による排出量と、森林などの吸収源による除去量との間の均衡を達成することです。
注2)「ゼロカーボンシティ」とは、環境省が呼びかけている取組で、2050年に温室効果ガスまたは二酸化炭素の排出量を実質ゼロにすることを目指す旨を首長自ら、または地方自治体として表明するものです。

「ゼロカーボンシティ」の実現に向けた今後の取組

2017年3月に策定した「牧之原市地球温暖化対策実行計画(注3)」に基づき、市民・事業者・滞在者・行政が協働の下、二酸化炭素の実質排出量ゼロに向けた取り組みを推進していきます。

  • 再生可能エネルギー(太陽光・風力・バイオマスなど)由来電力の地産地消
  • 設備(照明・空調・家電・住宅など)の省エネルギー化
  • 4Rの推進
    リフューズ:不要なものはもらわない・買わない
    リサイクル:ごみを資源に変え、再び利用すること
    リデュース:ごみそのものを減らす
    リユース :くりかえし使う
  • 地球温暖化対策に関する環境教室などを通じた普及啓発

また、国・県の計画の見直しなども踏まえ、2026年までに同実行計画に盛り込んでいきます。

注3)牧之原市地球温暖化対策実行計画【区域施策編】 [PDFファイル/873KB]
   第2次牧之原市環境基本計画(牧之原市地球温暖化対策実行計画【区域施策編】) [PDFファイル/5.91MB]

地球温暖化の現状・将来予測について

注4)「COOL CHOICE」とは、脱炭素社会づくりに貢献する「製品への買換え」、「サービスの利用」、「ライフスタイルの選択」など地球温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動です。
牧之原市は平成29年3月9日、国民運動「COOL CHOICE」に賛同し、普及・啓発を進めています。

牧之原市の地球温暖化対策関連の取組

取組

補助制度

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)