ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境課 > 衣類の回収をしています!

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

衣類の回収をしています!

回収ボックス

これまで可燃ごみとして処分されていた衣類を資源物として、市役所の両庁舎で回収しています。回収された衣類は、国内外でリユース(再使用)や工業用ウエスにリサイクル(再生)され、ごみの減量や資源の有効活用となります。

【回収するもの】

和服、洋服全般(シャツ、制服、ズボンなど、素材は問いません)、タオル類、ハンカチ、スカーフなど

【回収できないもの】

油や泥などで汚れがついている衣類、下着、ふとん、毛布などの寝具類、カーテン、クッション、ぬいぐるみ、座布団、マットレス、かっぱ、くつ、カバンなど

【出し方】

  1. 洗濯等をして、出すものをきれいにしてください。
  2. ビニール袋(袋の種類・色は問いません)に入れて、口をしばってください。紙袋はNG。
    (雨等で水に濡れてしまうと再利用できませんので、濡れないようにしてください)
  3. 市役所榛原庁舎もしくは相良庁舎の回収ボックスへ入れてください。

【回収場所】

牧之原市役所 相良庁舎 1階 環境課前
牧之原市役所 榛原庁舎 2階 市民ラウンジ

【回収時間】

平日 午前8時15分から午後5時(水曜日は午後7時)まで 
(土日祝日は回収しません。)

【Q&A】

Q1 穴が開いているもの、破れているものは対象になりますか?
A1 対象になります。洗濯などをして、出すものをきれいにして出してください。

Q2 個人名・事業所名などが書いてある衣類は対象になりますか?
A2 対象になります。ただし、中古品として再使用すると問題になる衣類は、回収ボックスに入れないでください。

Q3 回収されたものは、どのように再利用されますか?
A3 国内外で中古品として再使用されます。海外では主に東南アジアなどに輸出されます。

Q4 (未使用等で)包装用の袋に入ったまま出すことはできますか?
A4 台紙やピン等を取り外してビニール袋に入れてください。また複数着ある場合は、まとめてビニール袋へ入れてください。

両庁舎の設置の様子の画像1両庁舎の設置の様子の画像2