ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 教育改革 > 学校再編計画 > 市民意見聴取 > 「新しい学校づくりシンポジウム」を開催しました

本文

更新日:2022年6月13日更新
印刷ページ表示

「新しい学校づくりシンポジウム」を開催しました

シンポジウム1

市は2030年を目標に榛原地域、相良地域にそれぞれ新しく義務教育学校(小中一貫校)をつくろうと決めました。新しい学校づくりに向けたキックオフとして、市民とともに学び、考えるため、6月11日に相良総合センターい~らにて、「新しい学校づくりシンポジウム」を開催しました。

第1部は千葉工業大学創造工学部の倉斗綾子准教授から、多様な事例を交えて「ミライの学校」のあり方について基調講演をいただきました。第2部のパネルディスカッションでは、倉斗准教授、橋本教育長をはじめ、教員や市内在住の保護者の代表がパネリストとなり、新しい学校への想いをそれぞれの立場から話しました。

この地域だからこそできる教育があり、それは対話によって生まれるという想いのもと、「ミライの子どもたち」のための新しい学校を、市民のみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

計画については、学校再編計画のページをご確認ください。

シンポジウム2

シンポジウム3


望ましい教育環境のあり方に関する方針