ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 教育改革 > 望ましい教育環境のあり方に関する方針 > 意見交換会 > 教育のあり方検討意見交換会を開催しました

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

教育のあり方検討意見交換会を開催しました

榛原会場の様子の画像相良会場の様子の画像
教育のあり方検討委員会が、平成30年10月2日および10月4日に、意見交換会を開催しました。

意見交換会には、就学前・小中学校の保護者、自治会役員、教職員、高校生などが参加しました。委員から経緯と検討状況が情報提供され、参加者はグループに分かれ、意見交換会を行いました。
いただいた意見は、11月に開催される第6回教育のあり方検討委員会において、答申をまとめる際の参考となります。

1.当日の内容 次第[PDFファイル/120KB]
2.参加状況

  榛原文化センター(10月2日) 牧之原市史料館(10月4日)
参加者
(自治会・教職員・小中学校PTA・
幼保こども園教員・保護者・高校生)
34人 45人
傍聴者
(議員・教育委員・高校教員・一般)

9人

12人
あり方検討委員 8人 8人
教育文化部職員 10人 9人
合計 61人 74人

3.当日の意見 グループごとの意見一覧[PDFファイル/317KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


望ましい教育環境のあり方に関する方針
学校再編計画