ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 企業立地推進課 > 牧之原市企業立地ガイド

本文

更新日:2020年6月1日更新
印刷ページ表示

牧之原市企業立地ガイド

牧之原市では支援制度や相談窓口を設け、企業の立地を支援しています。
事業の拡張や移転などをご計画の際は、ぜひ牧之原市でもご検討ください。

1 牧之原市の魅力

牧之原市は、静岡県の中西部に位置し、お茶畑と海に囲まれた風光明媚な人口約45,000人のまちです。
大都市の中間に位置し、市内の東名高速道路相良牧之原インターチェンジから東京インターチェンジまで約200キロメートル、名古屋インターチェンジまで約130キロメートルまでと東西どちらにも数時間でアクセスできる立地にあります。なお、市北部には富士山静岡空港、南部には重要港湾である御前崎港があり、それぞれが広規格道路にて接続しているため、陸海空の交通網が活用できます。
このような交通の利便性もあり、輸送用機器をはじめ、製造品出荷額が約1兆円程度で推移しているなど、既に多くの企業に操業していただいており、さまざまな産業の集積が進んでいます。

2 企業の立地に対する主な支援制度

(1)ワンストップ窓口

企業立地推進課で企業のご要望をお伺いし、用地情報や開発に関する支援を行います。
お気軽に御相談ください。

(2)牧之原市企業立地促進事業費補助金

市内に土地を取得して工場などを建設し、新たに従業員を雇用した企業に対し、土地取得費と新規雇用の経費に対し、静岡県と連携して補助金を交付しています。
詳しくは企業立地促進事業費補助金のホームページ​をご覧ください。

(3)牧之原市市内立地工場等事業継続化事業費補助金

事業継続計画(BCP)などに基づき、静岡県第4次地震被害想定において被害が想定される区域に立地する工場などを、市内の区域外へ移転または分散する企業の用地取得費と新規雇用に対して、静岡県と連携して補助しています。
詳しくはBCP補助金のホームページ​をご覧ください。

(4)原子力発電施設等周辺地域企業立地支援事業(通称、F補助金)

牧之原市内旧相良町の区域では、原子力発電施設周辺地域における雇用機会の創出と産業振興を図るため、契約電力が増加するなど一定の要件を満たす企業に対し、一定期間にわたって、企業の支払った電気料金の概ね40%を補助金として受給出来ます。
詳しくは(一財)電源地域振興センター(電話 03-6372-7306)へお問い合わせください。

3 牧之原市内の主な事業用地

(1)東萩間地区開発候補地

東名相良牧之原インターチェンジから国道473号バイパスで2キロメートル、東萩間インターチェンジを出て東側の丘陵地。面積は約42ヘクタール。

(2)大寄地区開発候補地

東名相良牧之原インターチェンジから国道473号バイパスで4.5キロメートル、大寄りインターチェンジを出て西側の丘陵地。面積約160ヘクタールの大規模用地。

(3)御前崎港 港湾関連用地

重要港湾に指定されている御前崎港では、静岡県が港湾関連用地として売却や貸付を行っています。 


市では、その他民有地の情報についても収集しています。お気軽に御相談ください。
また、事業用地をお持ちの人は、下記まで土地情報をぜひご紹介ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)