ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 学校教育 > 新しい学校づくり(施設) > 新しい学校づくり(施設) > 「牧之原市義務教育学校施設整備基本構想・基本計画」を策定しました

本文

更新日:2024年2月2日更新
印刷ページ表示

「牧之原市義務教育学校施設整備基本構想・基本計画」を策定しました

市教育委員会では、令和6年1月25日に「牧之原市義務教育学校施設整備基本構想・基本計画」を策定しました。

令和4年度から、市民検討組織である「新しい学校づくり検討会」を中心に、延べ6,000人以上の市民の皆さんから約4,000件の意見をいただきながら、計画の内容を検討してきました。
この「基本構想・基本計画」では、新しくつくる学校施設の整備に必要なコンセプト、整備方針、施設計画・配置など、設計に係る基本的な考え方を示しています。

今後は、コンセプトである「夢につながる みんなの学校」、「地域と共に わくわく学び・体験できる みんなの学校」を実現できるよう、この計画の内容を学校施設の整備に確実につなげていきます。

牧之原市義務教育学校施設整備基本構想・基本計画

※後日、製本版に差し替えます(内容に変更はありません)。

報告会の開催

2月17日(土曜日)に、この計画の報告会を開催します。
詳しくは 基本構想・基本計画 報告会を開催します のページをご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


望ましい教育環境のあり方に関する方針
新しい学校づくり(施設)