ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 学校教育課 > 令和3年度牧之原市立相良小学校「ふるさと科」の実践紹介

本文

更新日:2022年8月5日更新
印刷ページ表示

令和3年度牧之原市立相良小学校「ふるさと科」の実践紹介

伝統を受け継ぐ 塩づくり体験(6年生)

写真1 塩づくり体験

6年生が塩作りのボランティア『スマイル』さんの指導のもと、相良の海で塩作り体験にチャレンジしました。

塩田に海水をまき、専用の道具を使って砂を集めます。その砂を「コシキ」に入れて、足で踏みしめながら塩の濃縮液を抽出しました。子どもたちは一生懸命に取り組み、昼食時には、ゆで卵に相良の海の塩をつけておいしくいただきました。伝統を体全体で味わえた1日でした。

アースランチプロジェクト「創作 ごま団子 3分で完売」

写真2 ごま団子販売

 アースランチプロジェクトに参加した5年3組が創作したオリジナルごま団子をコンビニで販売しました。

たくさんの保護者、地域の皆さんが足を運んでくださったおかげで、あっという間に完売しました。たくさんの皆さんのご協力ありがとうございました。

ふるさと科について「児童・保護者」のアンケート

ふるさと科アンケート(2月) [PDFファイル/1.42MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)