ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 観光 > 歴史・文化・祭り > 田沼意次侯生誕300年記念事業 > 田沼意次侯没後230年法要を執り行います

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

田沼意次侯没後230年法要を執り行います

田沼意次侯没後230年法要を執り行いますの画像
田沼意次侯没後230年法要を執り行います[PDFファイル/152KB]
※画像をクリックすると、ちらしのPDFを見ることができます。

2018年は、遠州相良藩主として現在の牧之原市を治め、江戸幕府の老中も務めた郷土の偉人、田沼意次侯の没後230年にあたります。

2019年には、意次侯の生誕300年を迎えることから、この記念事業の一環として、意次侯の命日に没後230年法要を執り行います。一般の方でも意次侯のご位牌にお焼香いただけますので、この貴重な機会に御参りいただき、意次侯の遺徳・功績を偲びましょう。

日時

平成30年7月24日(火曜日) 午前11時~午後2時
※一般の方に記帳、焼香いただけます。

場所

平田寺 本堂(牧之原市大江459 地図<外部リンク>

主催

田沼意次侯生誕300年記念事業実行委員会

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


泊まる
海水浴・マリンレジャー
牧之原市観光パンフレットダウンロード
観光ルート
静岡まきのはらフィルムコミッション