ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 観光 > 歴史・文化・祭り > 観光スポット > 勝間田城跡

本文

更新日:2020年6月26日更新
印刷ページ表示

勝間田城跡

勝間田城跡 勝間田城跡2

勝間田城は、勝間田氏が15世紀中頃に築城したと考えられる戦国時代以前の原型を残した貴重な山城です。牧之原台地に連なる尾根標高100~130メートル程、勝間田川最上流部に位置します。その規模は東西200メートル、南北310メートル、総面積12,69平方メートルを測ります。

1985年度から数次にわたる発掘調査により、多くの遺構(建物跡・井戸・堀)や遺物(土器・木簡・古銭等)が検出され、築城過程、建物の配置、城内生活の実態を知ることができます。

本曲輪を中心に狭小である南区域に対し、幅10メートル程度の大堀切を挟む北区域二・三の曲輪は、一区画が広く外縁部に土塁を巡らしています。南区域より後代改修の可能性が考えられます。

東方を向いて配置された堀・土塁・曲輪は今川氏に対する備えといえるでしょう。

住所

〒421-0406  牧之原市勝田2160-5 ※駐車場は牧之原市勝田2174-6

地図を見る<外部リンク>


泊まる
海水浴・マリンレジャー
牧之原市観光パンフレットダウンロード
観光ルート
静岡まきのはらフィルムコミッション