ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 秘書政策課 > 旧片浜小学校施設の第2期運営事業者が決定しました

本文

更新日:2023年12月18日更新
印刷ページ表示

旧片浜小学校施設の第2期運営事業者が決定しました

 牧之原市では、平成29年3月に閉校となった旧牧之原市立片浜小学校の施設を「新たな教育・人づくり」の拠点として利活用するため、平成29年度に第1期運営事業者の公募を行い、現運営事業者である株式会社マキノハラボを選定し、平成30年4月から運営が開始されました。
 第1期の貸付期間が平成30年度から7年間となっており令和6年度末をもって貸付期間が終了するため、市では、令和7年度からの第2期貸付について、令和4年度に第2期の貸付に係る、運営事業者の選定の考え方や現運営事業者の事業評価を行うため評価検討会を開催しました。
 評価検討会の結果、第2期運営事業者の選定方法について、現運営事業者である株式会社マキノハラボによる第2期の事業計画を公開プロセスにより審査選定し運営事業者を選定することとなりました。
 令和5年11月30日に開催した牧之原市旧片浜小学校施設の運営事業者選定に係る審査会において、審査を行い次のとおり選定いたしました。

選定結果

第2期運営事業者

事業者名

株式会社マキノハラボ

所在地

牧之原市片浜1216-1

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)