ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 観光 > 遊ぶ・見る > > 大鐘家の「酔芙蓉」

本文

更新日:2020年3月3日更新
印刷ページ表示

大鐘家の「酔芙蓉」

大鐘家の「酔芙蓉」が見頃を迎えていますの画像1大鐘家の「酔芙蓉」が見頃を迎えていますの画像2

初秋を彩る「酔芙蓉」

大鐘家の庭園内では、初秋になると「酔芙蓉」が見頃を迎えます。

「酔芙蓉」の花は、朝白・昼ピンク・夕方赤くなり1日で咲き終わります。

名前に「酔」の漢字を入れているのは“お酒に酔って顔色が変わる”と云う所からの命名で、午前と午後で庭園の景色が違います。
酔芙蓉も単衣(ひとえ)・八重と有ります。
他一般的なピンクの「芙蓉」、少し大きく真っ赤な「アメリカン芙蓉」、また同じアオイ科のムクゲなど、大小合わせ100本程あります。

開催期間

9月上旬~10月中旬

開園時間

午前9時から午後5時まで

入園料

庭園内(芙蓉のみ):大人 300円 小学生 100円 ※冷たい「百葉茶」サービス付
(大鐘家・史料館・酔芙蓉庭園含む 大人 500円 小人 300円)

大鐘家

住所:牧之原市片浜1032(地図<外部リンク>
電話:0548-52-4277