ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 企業・産業・観光 > 産業振興 > 水産業 > 観光 > 買う・食べる > 牧之原茶・特産物 > 駿河湾水産振興協議会 <駿河 Blue Line>

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

駿河湾水産振興協議会 <駿河 Blue Line>

駿河湾水産振興協議会とは

駿河湾水産振興協議会とは、静岡県の中西部に位置する静岡市、焼津市、吉田町、牧之原市、御前崎市の一次・二次・三次産業の関係者と行政が協力して立ち上げた組織です。

日本一高い富士山、日本一深い駿河湾に囲まれ、豊かな自然や歴史、文化を楽しむことができるこの地域を、ここで水揚げされる多種多様な水産物を活かして活性化させることを目的としています。

駿河 Blue Line とは

駿河 Blue Line とは、駿河湾の西側半分を占める静岡市、焼津市、吉田町、牧之原市、御前崎市のエリアを示す愛称で、駿河湾水産振興協議会のブランド名でもあります。

ロゴマーク

ロゴマークの画像

商品・メニュー・観光コースの開発

このたび、漁業者が水産物加工業者、飲食店、小売店、旅行業者、商工会議所などの様々な人々が協力して、新たな商品、メニュー、観光コースを開発しました。今後は、これらを県外にPrしていき、観光客の誘致を進めていきます。開発した商品、メニュー、観光コースの詳細につきましては、以下のファイルをご覧ください。

外部組織による検証

県、有識者などからなる外部検証機関を設置し、事業の実施方法、重要業績評価指標(Kpi)の達成状況を報告し、今後の事業の進め方などに関する意見を求めました。

検証会議の詳細および会議録につきましては、以下のファイルをご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


泊まる
海水浴・マリンレジャー
牧之原市観光パンフレットダウンロード
観光ルート
静岡まきのはらフィルムコミッション