ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 市民課 > 離婚届

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

離婚届

離婚するときの手続きについてご案内します。

届け出の期間

期間の定めはありません。届け出により法律上の効力が発生します。
*裁判離婚の場合は、調停成立・審判・判決確定から10日以内。

届け出る人

夫と妻 *裁判離婚の場合は申立人

提出する書類

離婚届書

持ち物

  • 離婚届書
  • 届出人の印鑑
  • 運転免許証など官公署発行の顔写真つき身分証明書
  • 戸籍謄本(市内に本籍がないとき)
  • 国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
  • 審判書など(裁判離婚の場合)
  • 通知カード(氏が変更となる方で、牧之原市に住民票がある方)

注意点

  • 協議離婚の場合は、成人2名の証人が必要です。
  • 届出人の本人確認を行いますので、運転免許証など官公署発行の顔写真つき身分証明書を提示してください。窓口に来られた方がご本人であると確認できなかった場合には、届出が受理されたことをご本人に通知します。

その他

  • 離婚後も婚姻中の氏を使用したい人は、「離婚の際に称していた氏を称する届」が必要となります。離婚届け出の日から3か月以内に届け出をしてください。この届けをいったん提出すると婚姻前の氏にもどる場合には家庭裁判所の許可が必要になります。
  • 未成年の子どもがいる場合は、親権者の指定をしていただく必要があります。
  • 受付時間外でも市役所時間外受付で届出書をお預かりします。夜間休日出入口からお入りください。
  • 書類などに不備があった場合、翌開庁日以降に戸籍担当から連絡させていただきますので、連絡先は日中連絡がつくところをご記入ください。
  • 夜間休日に届出された場合、通知カードの記載事項の変更手続きができませんので、後日市民課(榛原庁舎2階)または相良窓口課(相良庁舎1階)に下記のものを持参してください。

持参するもの

(1)本人が来る場合

  • 通知カード
  • 来庁される方の本人確認書類(原本)

本人確認書類

運転免許証、パスポート、障害者手帳、在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カード(写真つき)など
※上記のものがない場合は、以下のものを2点持参してください。
 健康保険証、介護保険証、年金手帳、学生証、民間企業の社員証、本人名義の預金通帳など

(2)代理人が来る場合

  • 対象者の通知カード
  • 対象者の本人確認書類(原本)
  • 委任状等、本人が代理人を指定した事実を確認できる書類(委任状(通知カード記載事項変更) [PDFファイル/295KB]
    法定代理人の場合は戸籍謄本(牧之原市に本籍があれば不要)その他その資格を証明する書類
  • 代理人の本人確認書類(原本)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)