ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 秘書政策課 > 「地方創生の推進や若者の移住定住の促進」に向けて連携協定を締結しました

本文

更新日:2022年7月14日更新
印刷ページ表示

「地方創生の推進や若者の移住定住の促進」に向けて連携協定を締結しました

協定書

協定の概要

令和4年7月14日、牧之原市と株式会社榛南自動車学校は、「地方創生の推進や若者の移住定住の促進」に向けた包括連携協定を締結しました。

株式会社榛南自動車学校は、最短14泊の滞在型の合宿免許により、年間3,000人の若者が全国各地より当市に訪れ、年間約42,000泊の滞在を実現しています。

同社と連携し、同社の合宿免許利用者を関係人口や交流人口、定住人口につなげる取り組みを進めていきます。

連携・協定内容

  1. 榛南自動車学校の利用者に対する市の魅力の発信に関すること
  2. 榛南自動車学校の利用者に対して、地域活動や市の魅力を体験する機会の提供に関すること
  3. 榛南自動車学校が行う利用者募集と合わせて、市の魅力の市外への発信に関すること
  4. 榛南自動車学校の利用者と当市の若者の交流に関すること
  5. その他、地方創生の推進や若者の移住定住に関して、相互に連携および協力が必要と認められる事項に関すること

はいなん自動車学校

※7月14日の協定式終了後には、連携事業の第一弾として、明日海開きを迎える静波海岸の清掃活動を合宿免許利用者50人の皆さんに行っていただき、ボランティア修了証を交付しました。