ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 秘書政策課 > 第3次牧之原市総合計画策定に係る答申を行いました

本文

更新日:2022年5月6日更新
印刷ページ表示

第3次牧之原市総合計画策定に係る答申を行いました

答申書を市長に手渡す小泉会長

令和3年11月22日付けで市長が牧之原市総合計画審議会へ諮問を行った「第3次牧之原市総合計画策定」について、令和4年5月6日、同審議会の小泉祐一郎会長(静岡産業大学経営学部教授)と今野朝子副会長(市女性団体連絡協議会会長)が杉本市長に答申を行いました。


小泉会長は「積極的なプロジェクトが盛り込まれた内容となっているため、審議会の意見を計画の具体化や実施の参考にしていただきたい」と述べました。
杉本市長は「牧之原市に今ある資源や強みを生かし、皆さまのご意見を反映し、今の時代ニーズに沿うように進めていきます」と話しました。


今後、答申の内容を踏まえ、第3次総合計画を策定していきます。

第3次総合計画策定について

計画期間

令和5年度から令和12年度までの8年間

答申について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)