ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 監査委員事務局 > 監査・検査・審査の種類

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

監査・検査・審査の種類

定期監査

市が住民福祉の向上に努めているか、また、最小の経費で最大の効果を挙げる努力をしているかなど、財政に関する事務の執行および経営に係る事業の管理を監査するもので、毎会計年度少なくとも1回以上期日を定めて実施するものです。
監査の報告・意見

随時監査

監査委員が必要あると認めるとき、定期監査に準じて実施するものです。

行政監査

監査委員が必要あると認めたとき、市の事務の執行が合理的かつ効果的に行われているか、法令などの定めるところに従って適正に行われているかどうかを主眼として、適時に実施するものです。

財政援助団体などに対する監査

市が補助金・交付金などの財政援助を与えている団体や、出資している法人および公の施設の管理受託者などについて、監査委員が必要と認めるとき、または市長の要求があったときに出納その他の事務の執行が、適正かつ効果的に行われているかどうかを主眼として実施するものです。
監査の結果・意見

住民監査請求に基づく監査

市民の方が市の執行機関、またはその職員について、違法または不当な公金の支出や財産の取得、管理、処分などの事実があると認められる場合、当該行為のあった日または、終わった日から1年以内に監査委員に対して監査を求めたとき実施するものです。
住民監査請求に基づく監査の結果

例月現金出納検査

会計管理者および企業出納員の取り扱う現金出納事務が、適正に行われているか、計数および現金・預金残高の確認をするほか、帳簿・領収書などの検査を毎月実施するものです。

決算審査

市長から審査に付された一般会計・特別会計・坂部財産区特別会計および企業会計の決算書などについて、計数の正確性を検証するとともに、予算の執行および事業の経営などが効率的に行われ、成果があったかどうか、また、財政運営が適切に行われているかを審査するものです。