ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 水道課 > 水道管の凍結を未然に防ぎましょう

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

水道管の凍結を未然に防ぎましょう

気温が0度以下になると、屋外にある水道管は凍って破損する恐れがあります。
凍結を未然に防ぐには、次のような準備をしましょう。

  • 水道管に布などの保温材を巻く
  • 保温材が濡れないようにビニールなどで覆う
  • メーターボックスの中にビニールで包んだ布などを詰める

※水道管が凍ってしまい水が出ないとき
 凍ってしまった部分にタオルをかけ、その上からゆっくりと『ぬるま湯』をかけてください。この場合、熱湯をかけますと破裂する恐れがありますので、十分に注意してください。

※水道管が破裂してしまったとき
 メーターボックスの中にあるバルブを閉め、市指定の工事店に修理を依頼してください。(市指定工事店一覧