ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 都市計画課 > 空き家等の譲渡所得の3,000万円控除について

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

空き家等の譲渡所得の3,000万円控除について

平成28年度税制改正によって「空き家の発生を抑制するための特例措置(空き家等譲渡所得の3,000万円特別控除)」が新設されました。この制度を利用するために必要な書類として、市町村が交付する「被相続人居住用家屋等確認書」があり、牧之原市では、都市計画課で申請受付・確認書の交付を行います。

空き家等の譲渡所得の3,000万円特別控除について

詳細はこちら住宅:空き家の発生を抑制するための特例措置-国土交通省<外部リンク>(国土交通省ホームページ)

特別控除に必要な被相続人居住用家屋等確認書の申請について

申請は、「相続した家屋又は家屋及びその敷地等を譲渡する場合」と「相続した家屋の取壊し、除却又は滅失後の敷地等を譲渡する場合」で申請書様式・添付書類が異なります。
詳細は、フローチャート及び様式の確認表をご覧ください。

被相続人居住用家屋等確認申請書

  1. 相続した家屋又は家屋及びその敷地等を譲渡する場合に使用する様式はこちら(様式1-1)[PDFファイル/88KB]
    様式1-1のフローチャートはこちら(様式1-1フローチャート)[PDFファイル/170KB]
  2. 相続した家屋の取壊し、除却又は滅失後の敷地等を譲渡する場合に使用する様式はこちら(様式1-2)[PDFファイル/91KB]
    様式1-2のフローチャートはこちら(様式1-2フローチャート)[PDFファイル/191KB]

申請・確認書交付

  1. 被相続人居住用家屋等確認申請書に必要事項を記入し、必要な添付書類を添えて都市計画課へ提出していただきます。郵送で申請をされる場合は、返信用封筒と切手(82円分)を同封してください。
  2. 申請書及び添付書類を確認し、申請内容に問題なければ確認書を交付します。郵送の場合は、同封いただいた返信用封筒で確認書を送付いたします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)