ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林水産課 > 青農地の「除外・編入」の受け付けについて

本文

更新日:2021年1月1日更新
印刷ページ表示

青農地の「除外・編入」の受け付けについて

牧之原市では、「農業振興地域の整備に関する法律」に基づき、「牧之原市農業振興地域整備計画」を定めています。
計画の中では、おおむね10年以上にわたり農業上の利用を確保すべき土地として、農用地区域(青農地)を定めており、この区域内においては農地転用が制限されています。
令和3年度における「青農地からの除外」「青農地への編入」の受け付けをおこないますので、青農地で農用地以外の土地利用を計画している人や、土地改良事業実施のために青農地への編入を計画している人は、以下の期限内に手続きをしてください。
なお、法的な要件がありますので、事前に農林水産課へお問い合わせください。

受付場所

農林水産課(相良庁舎2階)

受付期間

令和3年3月1日(月曜日)から4月30日(金曜日)まで
※土・日・祝日は受け付けできません。

要件について

次のすべての要件を満たさないと、原則として青農地からの除外は認められません。
また、除外をするためには下記の要件がありますので、詳細はお問い合わせください。

  1. 青農地以外の農用地(白農地)または宅地等で行うことが困難であり、青農地の除外が必要かつ適当であること。
  2. 青農地の集団化、農作業の効率化その他土地の農業上の効率的かつ総合的な利用に支障がないこと。
  3. 土地の保全または利用上、必要な施設の有する機能に支障を来たさないこと。
  4. 土地改良施設の有する機能に支障及ぼすおそれがないこと。
  5. 区画整理などの土地改良事業等をおこなった区域内の場合は、事業実施後8年を経過している土地であること。

その他

手続きには、6~8ケ月程度かかりますので、余裕を持った事業計画としてください。