ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総務課 > 牧之原市定員適正化計画を策定

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

牧之原市定員適正化計画を策定

牧之原市定員適正化計画を策定(2016年04月05日)

牧之原市では、平成27年3月に第2次総合計画を策定し、「絆と元気が創る 幸せあふれみんなが集う NEXTまきのはら」を将来都市像として掲げ、「みんなが住みたい・住み続けたいと思えるまちづくり」に取り組んでいます。

自治体を取巻く環境は、地震や津波などの災害に対する意識の高まりや市民生活環境の変化による人口減少、少子高齢化、福祉医療といったさまざまな課題が増えますます厳しくなってきています。また、市民からの行政に対する要望も多様化してきています。

こうした中、平成29年以降に迎える大量の定年退職による職員構成の変化への対応や、安定的な行政サービスを提供していくために、任期付職員や再任用職員などの活用を含め検討し、必要な職員数を適正に管理するために、第2次定員適正化計画を策定しました。

第二次定員適正化計画[PDFファイル/2.4MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)