ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総務課 > 牧之原市人材育成基本方針(改訂)

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

牧之原市人材育成基本方針(改訂)

牧之原市人財育成基本方針(改訂)(2016年02月03日)

震災リスクや地域経済の低迷などによる牧之原市の活力の低下、活気や利便性などを重視して住環境を選択する若者世代のライフスタイルの変化により、就職や結婚を機会に牧之原市に住む若者の数が減少しています。また、全国的な人口減少と高齢化が急速に進む中、医療、福祉、災害など社会的な不安があると同時に行政ニーズの多様化、複雑化、高度化など市行政を取り巻く状況は厳しさを増しています。こうした中、現代の社会背景に対応したまちづくりの指針として、第2次総合計画を策定し、平成27年度よりこの計画に基づく市政運営が再スタートしました。

牧之原市が次世代に向けて更なる発展を遂げ、この地で暮らすことに幸せを感じられるまちをつくるとともに、人口減少や少子高齢化が急速に進む社会情勢においても質の高い行政サービスの持続性を確保していくため、私たち牧之原市職員は、使命感と誇りを持ち、前例や既成概念に捉われず、新たな視点により自ら考え、主体的に行政課題の解決に取り組んでいくチャレンジ精神の姿勢と、実行力の発揮が求められています。

牧之原市の目指す将来の姿「絆と元気が創る 幸せあふれみんなが集う NEXTまきのはら」の実現に貢献することができる、職員像『「NEXTまきのはら」を描き、市民のために、使命感と熱意を持ち、自ら考え行動できる職員』の育成に組織全体で取り組んでいます。

求める人材像の画像1求める人材像の画像2
行動指針の画像1行動指針の画像2
行動指針の画像3人財6-1の画像

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)