ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康推進課 > 特別の理由による任意予防接種費用助成について

本文

更新日:2020年4月14日更新
印刷ページ表示

特別の理由による任意予防接種費用助成について

小児の定期予防接種について、定期予防接種実施後骨髄移植手術その他の理由により、予防接種の効果が期待できないと医師に判断され、任意で再度予防接種を受ける児について、医療機関で接種した接種費用の一部を助成します。

対象者

予防接種を行う日において、牧之原市の市民であり、次のすべての要件に該当する人

  1. 骨髄移植手術その他の理由により、接種済みの定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断されていること。
  2. 接種済みの定期予防接種が、予防接種実施規則で定める実施方法で接種していること。
  3. 接種者が20歳未満であること。

申請方法

1予防接種を受ける前および接種当日
 (1)「牧之原市特別の理由による任意予防接種費助成対象認定申請書(様式第1号)」を申請窓口へ提出してくださ
     い。(予防接種を実施する1か月前までに申請すること。)
 (2)申請後、「牧之原市特別の理由による任意予防接種費助成対象認定通知書(様式第2号)」が交付されます。この
    通知書と予診票、母子健康手帳を持参の上、予防接種を受けてください。
   ※医療機関へ接種料金を支払い、医療機関で発行された接種料金のわかる領収書を受け取ってください。
2予防接種を受けた後
  必要書類を添えて申請窓口で申請ください。支給が決定した場合は、指定された口座へ助成金を振り込みます。
 

請求申請手続きに必要なもの

  1. 牧之原市特別の理由による任意予防接種費助成金交付申請書兼請求書(様式第4号)
  2. 接種費用が確認できる領収書
  3. 予診票の原本、母子健康手帳(予防接種の記録が確認できるもの)
  4. 振込先口座の通帳
  5. 印鑑(シャチハタは不可)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)