ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > こどもセンター > 配偶者やパートナーからの暴力(DV)の相談

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

配偶者やパートナーからの暴力(DV)の相談

暴力は愛情ではありません!
暴力をふるわれていい人などいません!
DVは重大な人権侵害で、犯罪行為です!

DV(ドメスティックバイオレンス)

配偶者やパートナーなど親密な関係にある者から相手に振われる暴力です。
家庭などの密室の中で起こるためなかなか表面化しません。
暴力の被害者は、精神的にも大きな影響を受けることもあります。
DVは中高生や大学生などの未成年の間でも起こります。(デートDV)
子どもに暴力を目撃させるのは児童虐待に当たります。

  • 身体的暴力:殴る、蹴る、髪を引っ張る、首を絞める、包丁を突きつける、物を投げつける など
  • 精神的暴力:無視する、口汚くののしる、人前で侮辱する、外出を制限する、交友関係や電話・メールを監視する など
  • 性的暴力:セックスの強要、避妊に協力しない、裸にして写真を撮る、 ポルノビデオや雑誌を無理やり見せる など
  • 経済的暴力:生活費を渡さない、働かせない、借金を負わせる など

暴力は次第にエスカレートします。
「つらい」「なにかおかしい」と感じていたら、ひとりで悩まず相談してください。

相談窓口

  • DV相談ナビ 0570-0-55210
  • 県女性相談センター 054-286-9217
  • あざれあ女性相談 054-272-7879
  • 市家庭児童相談室 0548-23-0071

女性に対する暴力の画像

女性に対する暴力
根絶のためのシンボルマーク

パープルリボンの画像

パープルリボン
女性に対する暴力根絶運動のシンボル