ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境課 > 狂犬病予防注射について

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

狂犬病予防注射について

生後91日以上の犬を飼っている方は、毎年1回、その犬に狂犬病予防注射を受けさせることが法律で定められていますので、必ず実施してください。

予防注射実施後は、狂犬病予防注射済票(骨型のマーク)の交付を受けてください。
交付された済票は、万が一犬が迷子になって保護されたとき迷子札になりますので、犬の首輪などに必ず装着してください。

※狂犬病についての詳しい解説はこちら。[PDFファイル/761KB]

狂犬病予防注射を受けさせる時期

毎年4月1日から6月30日の間
※予防注射の期間以外の時期に犬を飼い始めた場合などは、その犬を飼い始めた日から30日以内に予防注射を受けさせてください。

狂犬病予防注射が受けられる場所

  • 狂犬病予防集合注射の会場(毎年4月頃に実施します。)
  • 動物病院

狂犬病予防注射済票交付の窓口

  • 牧之原市役所 相良庁舎1F 環境課
  • 牧之原市役所 榛原庁舎2F 市民課
  • 市内、近隣市町の動物病院(済票がもらえない動物病院もありますので、「牧之原市の済票がもらえるか」を御確認ください。)

※市役所で済票の交付を受ける場合は、動物病院で発行された「狂犬病予防済証明書」と愛犬手帳を御持参ください。

狂犬病予防注射済票交付手数料

550円/頭

※注射料金は別途かかります。

狂犬病予防注射の免除について

犬が病気等により、予防注射を受けられない場合は、動物病院から発行された「狂犬病予防注射猶予証」を持参または郵送してください。

  • 牧之原市役所 相良庁舎1階 環境課
  • 牧之原市役所 榛原庁舎2階 市民課
  • 郵送先(〒421-0592 牧之原市相良275 牧之原市役所相良庁舎 宛)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)