ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 大河ドラマ活用推進室 > (ロングver. 使用しない)将棋の藤井聡太王位が当市を訪れました

本文

更新日:2023年9月6日更新
印刷ページ表示

(ロングver. 使用しない)将棋の藤井聡太王位が当市を訪れました

トークショー(トップ)
​【棋士4人によるトークショー】

 

将棋のプロ棋士・藤井聡太王位が令和5年9月6日(水)、牧之原市を訪れ、市内外の将棋ファンや市内小学生と交流しました。
藤井王位は、8月23日(水)に「伊藤園お~いお茶杯第64期王位戦七番勝負」を制し、王位タイトル防衛4連覇を果たされました。
 

市を訪れた藤井王位は最初に、市長への表敬訪問のため、市役所榛原庁舎に訪れました。
藤井王位からは、王位タイトル防衛の喜びとともに、牧之原市の印象などについて語られました。「昨年、広大なお茶畑と青い海に圧倒された」と市の印象を述べ、「今年も牧之原市に来ることができて嬉しい。皆さんとの楽しい時間が過ごせれば」と話しました。
杉本市長からは、市訪問へのお礼とタイトル防衛について祝福などを伝えました。「藤井王位の来市は、市民4万3千人が待ち焦がれていた。萩間小やトークショーで多くの皆さまが楽しみにしている。藤井王位にも楽しんでいただきたい」と話しました。
杉本市長が、茶の成分を説明しながら呈茶でおもてなしする場面も。静岡牧之原茶を飲んだ藤井王位は「苦みが少なくて、さわやか」と感想を述べました。その後も、「勝負メシ」のスイーツを食しながら歓談、和やかな時間を過ごしました。
藤井王位から「雲外蒼天」と書かれた色紙を、市長からは静岡牧之原茶や「勝負メシ」推しメニューのスイーツなどの記念品がそれぞれ手渡されました。

表敬(静岡牧之原茶)
【静岡牧之原茶を飲む藤井王位】

表敬(藤井王位と三役)
【左から、橋本教育長、杉本市長、藤井王位、大石副市長】

 

次に、萩間小学校を訪問し、多目的集会室で小学3年生以上の児童ら約100人と交流。
児童らから、「対局したプロ棋士の中で誰が強かったか」「牧之原市の良いところはどこか」「どうしたら藤井王位のように強くなれるのか」と質問され、一つ一つ丁寧に回答されました。
その後、将棋クラブ所属の児童ら10人に対して、指導対局を行いました(10面指し・8枚落ち)。
児童らは、真剣なまなざしで一手一手打ち、藤井王位との対局を楽しみました。
対局した児童は、「駒落ちしているのに王位はやはり凄かった」と満足した表情で感想を述べました。
最後に代表の児童から藤井王位に花束が、藤井王位からは「飛翔」と書かれたサイン色紙が贈呈され、全員で記念撮影を行いました。

萩間小(対局)
【対局する将棋クラブの児童と藤井王位】

萩間小(集合写真)
【萩間小児童らと記念写真】

 

最後に、「伊藤園お~いお茶杯第64期王位戦七番勝負」第6局の前夜祭・大盤解説会に代わるイベントとして、「ようこそ牧之原市へ 藤井王位トークショー」をい~らで開催しました。
トークショーには、藤井聡太王位、森内俊之九段、佐藤紳哉七段、村田智穂女流二段が登壇。会場には、県内外から約400人の観客が集まり、トークショーとプレゼント抽選会を楽しみました。
​はじめに、牧之原市将棋によるまちづくり実行委員会の永田会長から藤井王位へ王位防衛記念の花束を渡しました。
トークショーは、今期王位戦の振り返りや牧之原市の印象、リラックス法、集中するための秘訣についてそれぞれの棋士が語りました。リラックス法では「しっかり寝ること(藤井王位)」「お風呂の湯船に浸かること(森内九段)」など、イベントならではの一面を知ることもできました。
最後に今後の抱負を尋ねられ、「学びながら今後も将棋に取り組んでいく。面白い将棋を見せられるように全力で頑張りたい」と話すと、会場からは大きな拍手が贈られました。
また、エントランスホールでは、記念扇子や「勝負メシ」推しメニュー上位5位に入ったスイーツなどが販売されました。

トークショー(プレゼント抽選会)
【プレゼント抽選会にて、当選者にサイン色紙を渡す藤井王位】

トークショー(勝負メシ)
【エントランスホールにて、勝負メシ推しメニューを販売】

 

藤井王位は、現在、前人未到の八冠に向けて王座戦に挑戦中です。
今後のご活躍に期待しましょう。