ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 防災課 > 原子力災害時に備え福祉車両が配備されました【令和2年11月16日】

本文

更新日:2020年11月16日更新
印刷ページ表示

原子力災害時に備え福祉車両が配備されました【令和2年11月16日】

福祉車両福祉車両はるかぜ

令和2年11月16日、中部電力株式会社より福祉車両が配備されました。

これは平成31年3月13日に当市、御前崎市および中部電力株式会社と締結した「避難行動要支援者の安全確保に関する協定」に基づき行われています。車両の配備は、浜岡原発で原子力災害が発生した際、避難に介助を必要とする避難行動要支援者を放射線防護施設まで運ぶことを目的としています。

今年度から3年間に分けて計18台の配備を見込んでいます。

  • 避難行動要支援者とは、社会福祉施設や医療機関の入所者、在宅要配慮者やその補助者などのことです。