ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 防災課 > 市内に勤務する方(市外在住)の感染が確認されました【11月10日現在】

本文

更新日:2020年11月11日更新
印刷ページ表示

市内に勤務する方(市外在住)の感染が確認されました【11月10日現在】

新型コロナウイルス感染症の情報

令和2年11月10日、牧之原市内の介護老人保健施設「あじさい」(牧之原市細江)に勤務する職員1名の陽性が判明しました。

同施設では、保健所の指導に基づき、通所リハビリの中止や入館禁止などの措置をしたうえで館内の消毒など感染拡大防止対策を徹底したほか、すべての入所者や関係職員のPCR検査などのウイルス検査を実施しています。

なお、介護老人保健施設あじさいから公表された内容は、新型コロナウイルス感染症に関する報告について [PDFファイル/354KB]をご覧ください。

市長メッセージ

11月10日、市内介護老人保健施設に勤務する職員1名の感染が判明しました。

勤務する施設からは、すべての入所者や関係職員のPCR検査などのウイルス検査を実施するとともに施設内の消毒など感染拡大防止対策について万全を期しているとの報告を受けています。
市内に勤務する方の感染ということで、市民の皆さまの中には、不安に感じる方もいらっしゃるかと思いますが、感染された方や施設関係者、さらにそのご家族などを誹謗、中傷、差別するような行動は慎んでいただき、噂話やSNS上の不確かな情報に惑わされて、関係者の人権侵害やプライバシーを損ねることがないよう、引き続き冷静な対応をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐには、市民一人ひとりの「うつらない・うつさない」を意識した行動が重要です。
日常生活では、引き続きマスクの着用、消毒、3つの密の回避など「新しい生活様式」を遵守していただくとともに、冬に向けて寒くなるなかでも室内の換気を着実に行うなど感染予防策の徹底をお願いします。
市といたしましては、市民の皆さまの安心・安全のため新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けて、県や関係機関とともに全力で対応してまいりますので、市民の皆さまにおかれましても、できる限りの対応を講じていただきますようお願い申し上げます。

                         令和2年11月11日
牧之原市長 杉本 基久雄

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)