ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 防災課 > 牧之原市「新しい生活様式」のガイドライン(令和2年9月25日改訂)

本文

更新日:2020年9月25日更新
印刷ページ表示

牧之原市「新しい生活様式」のガイドライン(令和2年9月25日改訂)

​​新しい生活様式を徹底していくための基本的な考え方

令和2年5月14日をもって静岡県は新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言の対象から外れ、段階的に経済社会活動を再開してきましたところ、7月に入って再び感染者が増加に転じ、特に県の東部および西部でクラスターが発生し、県は警戒レベルを「4」(県内警戒・県外警戒)に引き上げていましたが、感染者の拡大が抑制されたことから「3」(県内注意・県外警戒)としました。引き続き更なる感染の拡大を防止するため、皆様一人一人の注意が重要です。
このため、「新規感染者やクラスターを出さない」ことと「社会経済活動」の両立を目標として、「新しい生活様式」に則った一人一人の感染対策や、各事業者におかれては、業種ごとのガイドラインを再度徹底の上、社会活動を営んでいただきたいと考えます。

本ガイドラインでは、基本的感染対策および生活様式を示すとともに、日常生活の各場面の生活様式における望ましい行動パターンを例示し、市民自身が取組内容をイメージできるようにするもので、国内や周辺地域での発生状況および政府や専門家会議の発表を踏まえ改訂していきます。

詳しくは、牧之原市「新しい生活様式」のガイドライン [PDFファイル/1.28MB]をご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)