ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 防災課 > 詐欺・悪徳商法にご注意

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

詐欺・悪徳商法にご注意

今日、様々な詐欺・悪徳商法が後を絶ちません。「自分の身(財産)は自分で守る」という心がけで犯罪に備えましょう。

代表的な詐欺・悪徳商法の手口

フィッシング詐欺

金融機関や通信業者などを装って、住所、氏名、銀行口座番号、クレジットカード番号などの個人情報を盗み出し、悪用する手口です。

対処法

個人情報の取り扱いはくれぐれも慎重に

振り込め詐欺

家族や警察官、弁護士などを装って示談金の振り込みを指示したり、架空の請求書などを送りつけるなど、人をだまして口座へ振り込ませる手口を総称して「振り込め詐欺」といいます。

対処法

慌てず冷静に!「すぐに振り込まない」が原則

ワンクリック料金請求

記載されたリンクをクリックしただけなのに、高額な利用料を請求される「ワンクリック料金請求」。その多くはアダルト系に関するもので、男性の被害者が多いのが特徴です。

対処法

インターネット上の広告や不審なURLにアクセスしない

内職商法

「自宅でできる簡単な仕事。短時間でも高収入を得られます」などのうたい文句で、主婦層を狙って広告などで勧誘し、高額な機器や教材を売りつけたり、講習料をだまし取ります。

対処法

まずは「簡単・短時間で高収入?!そんなおいしい仕事あるわけない」と考えましょう

点検商法

「家の傾き」「水漏れ」「シロアリ」「屋根」「耐震診断」などを無料で点検するといって、家に入り込み「すぐに工事を!」などと言葉巧みに高額な契約を勧めます。

対処法

「ただほど高いものはない!」。無料点検の訪問販売には要注意です。