ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 社会教育課 > 権九堂7年に一度の御開帳

本文

更新日:2021年9月15日更新
印刷ページ表示Googleカレンダーへ登録<外部リンク>Yahoo!カレンダーへ登録<外部リンク>

権九堂7年に一度の御開帳

牧之原市静谷(朝生町内会)の権九堂(権九如意輪観世音菩薩_牧之原市指定文化財)が、数え年で7年に一度となる御開帳を迎えます。
権九堂は病気や良縁、そして子宝、安産にご利益があると伝えられており、期間中は子宝を望む皆さんが県内各地より参拝に訪れます。
緊急事態宣言が延長となる中で、コロナ感染予防対策に配慮しながらの御開帳となりますので、皆さんのご理解・ご協力をお願いいたします。

前回の御開帳1 前回の御開帳2

(写真は前回のもの)

開催日時

令和3年9月20日(月曜日)~9月26日(日曜日) 午前8時〜午後8時
​                  ※最終日のみ正午まで

場所

権九堂(牧之原市静谷1022番地)<外部リンク>

権九堂駐車場

授与品

禅の綱(紅白のさらし)やお札、お守り等の授与品は、1週間を通してお頒けしております。
※過去の御開帳でお頒けした授与品を返納したい場合は、期間中会場にてお預かりします。

新型コロナウイルス感染症に関する注意事項

  • 咳や発熱など体調がすぐれない方は参拝をお控えください。
  • マスクの着用・手の消毒にご協力願います。
  • 恒例のお中日イベントはありません
  • 程茶サービスは控えさせていただきます。

御開帳の期間中、これまでは地元住民が毎日交代で寝泊まりしながら対応してまいりましたが、今回は最小限の人数で対応し、夜には施錠させていただきます。

御開帳に関する問い合わせ

権九堂 護持会会長 小林俊博 0548-22-1492