ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 社会教育課 > 市の学校支援地域本部事業を紹介します

本文

更新日:2020年6月16日更新
印刷ページ表示

市の学校支援地域本部事業を紹介します

「学校支援地域本部事業」って?

この事業は、学校・家庭・地域が一体となって学校教育を支える体制を整備する事業です。
そのために設置されたものが、学校支援地域本部です。
子どもたちの教育をさらにより良いものにし、生涯学習社会の実現や地域の教育力向上を目指しています。

同本部は、地域教育協議会、学校支援コーディネーター、学校支援ボランティアによって構成され、事務局は市役所社会教育課内にあります。
本市では、平成20年10月からこの事業を行っています。

どのような支援活動をしているの?

学校の求めに応じた支援を行います。
学習支援や環境整備支援、安全見守りなどがあり、現在、市内で行われている支援は下記のとおりです。
専門的な知識や技能が必要な場合もありますが、誰もが気軽にできるものがたくさんあります。

学習支援

読み聞かせ、地域の歴史学習、ミシン学習・裁縫補助、英語活動指導補助、校外学習引率補助、教材用具調達、英語活動休業中の補習学習指導補助、米づくり・野菜づくり等体験学習指導、スポーツテスト記録計測補助、陸上競技指導補助 など

部活動支援

抹茶・煎茶クラブ指導、釣り指導 など

環境整備支援

図書室整備、施設・備品の補修、用具修理、学習机・椅子の高さ調整、草取り・草刈り、除草剤散布、樹木手入れ、花壇整備草取り・草刈り、除草剤散布、樹木手入れ、花壇整備、ホームページ更新 など、

安全指導

登下校見守り、新1年生下校指導補助、夜間パトロール など

その他

講話、通学合宿支援 など

花壇・農園草取りの画像タイル補修の画像
写真左:花壇・農園草取り
写真右:タイル補修

「学校支援コーディネーター」の役割は?

支援を必要としている学校とボランティアを希望する地域住民をつなぐ役割を担っています。

本市には、榛原中学校区と相良中学校区にそれぞれ1人ずつ配置されていて、地域人材リスト「輝(き)楽(ら)っ人(と)さん」の作成、学校が必要とする支援の調査、学校とボランティア間の連絡調整、ボランティアの学校派遣などをしています。

ボランティア活動をしたいときはどうすればいいの?

コーディネーターへ連絡をして、ボランティア登録をします。登録後は、学校からの要望をもとにコーディネーターが調整を行います。
すでに学校で活動している場合も登録ができます。活動はこれまでどおり行ってください。
登録の変更・取り消しは、コーディネーターへお知らせください。

実際の活動は?

活動が決定したらコーディネーターが連絡します。
支援は原則として無償です。必要な原材料代や燃料は、学校が負担します。
活動中の事故については、保険の範囲内において補償することとなります。

コーディネーター問い合わせ先

片浜事務所(社会教育課)
Tel:0548-52-0311  Fax:0548-52-5840

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)