ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 教育総務課 > 望ましい教育のあり方が答申されました(2018年12月20日)

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

望ましい教育のあり方が答申されました(2018年12月20日)

答申 写真の画像
審議会「牧之原市教育のあり方検討委員会」から、平成30年12月20日、教育委員会に「望ましい教育のあり方」が答申されました。

答申には、キャリア教育を軸とした小中一貫教育の実現や、学校と地域、企業が協働する「コミュニティ・スクール」の導入といった内容が盛り込まれ、教育委員会ではそれを受け、平成31年3月までに方針としてまとめていきます。
答申後には、京都市立東山泉小中学校の今津敏一校長から「小中一貫教育とその効果」についての講話をいただき、校長先生をはじめとする参加者は、これから進める内容についての理解を深めました。

添付資料

「望ましい教育環境のあり方について(答申)」[PDFファイル/2.3MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)