ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 管理情報課 > 牧之原市をかたった不審なメールについて

本文

更新日:2020年10月1日更新
印刷ページ表示

牧之原市をかたった不審なメールについて

牧之原市をかたった不審なメールが送信されている事実を確認しました。
この不審なメールは、添付ファイルを開封するとコンピュータウイルスに感染するものです。
一見すると牧之原市から送信されたメールに見えますが、実際は本市と無関係の第三者が送信したメールです。
なお、本件は牧之原市のコンピュータウイルス感染によるものではありません。

不審なメールを受信した場合

​添付ファイル(Word、ZIPファイルなど)の開封やメール本文中のURLをクリックせずに、削除してください。
添付ファイルの開封や本文のURLをクリックしてしまうとコンピュータウイルスに感染してしまいますので、ご注意ください。

牧之原市になりすましたメールの事例

件名や本文に、実際のメールの流用や、課名・氏名が使われているなどがあります。
送信アドレスが、ランダムに作られたものになっています。

コンピュータウイルス「Emotet」について

現在、確認されている不審なメールは、Emotet(エモテット)と呼ばれるコンピュータウイルスの疑いがあります。
メール本文のURLや添付されたファイルを開くと感染し、メール情報を抜き取り、実在の会社・氏名などをかたったメールを送り付け、二次、三次感染と拡散するコンピュータウイルスとみられます。
その他、Emotet(エモテット)の詳細については、独立行政法人情報処理推進機構のサイトをご覧ください。