ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 建設管理課 > 市内河川の河道掘削等で発生する土量について

本文

更新日:2020年8月13日更新
印刷ページ表示

市内河川の河道掘削等で発生する土量について

令和2年度地方債同意等基準(令和2年総務省告示第127号)等に定めるとおり、地方公共団体が単独事業として緊急的に河川などの浚渫を実施できるよう、緊急浚渫推進事業債が創設されました。
牧之原市においても、準用河川や普通河川の土砂などの除去・処分、樹木の伐採などを計画的・集中的な整備を促進していきます。
つきましては、市内河川の河道掘削などで発生する土量を公表します。

公表内容

対象事業

各分野での個別計画(河川維持管理計画等)に緊急的に実施する必要がある箇所として位置付けた河川に係る浚渫

  • 対象河川:準用河川、普通河川
  • 事業内容:土砂などの除去・処分、樹木伐採など
  • 事業年度:令和2~6年度【5年計画】

地方財政措置

充当率:100%

公表データ

河道掘削などに伴う発生土量

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)