ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 商工観光課 > 鈴鹿8時間耐久ロードレース大会に初出場したレーシングチームが市長へ結果報告

本文

更新日:2023年10月16日更新
印刷ページ表示

鈴鹿8時間耐久ロードレース大会に初出場したレーシングチームが市長へ結果報告

ゲズンハイトレーシング2 

「FIM世界耐久ロードレース選手権鈴鹿8時間ロードレース第44回大会」に出場した市内のレーシングチーム「ゲズンハイトレーシングチーム(伊藤章人代表・菅ヶ谷)」が令和5年10月13日に杉本市長を表敬訪問し、結果報告を行いました。

 今回の出場にあたり伊藤代表は世界に牧之原市をPRしたいとの思いから、チーム名に市の公式スローガン『RIDE ON MAKINOHARA』を加え『GESUNDHEIT Racing RIDE ON MAKINOHARA+EJ』として出場しPRしました。

 レースでは、転倒のアクシデントにも見舞われましたが、規程周回数をクリアーし、初出場での完走は30%という厳しいレースを走りぬき初完走を果たしました。

 伊藤代表は「多くの市内企業、市民の皆さんの支援や応援で完走することができました」と語ってくれました。

 杉本市長は「ライダーだけでなくメカニックなどチーム一丸となって戦ったからこそ完走に繋がった。来年も是非、出場を目指して欲しい」と激励しました。