ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 商工観光課 > 【募集締め切りました】RIDE ON MAKINOHARA 地場産品活用「勝負メシ」プロジェクト

本文

更新日:2022年8月3日更新
印刷ページ表示

【募集締め切りました】RIDE ON MAKINOHARA 地場産品活用「勝負メシ」プロジェクト

募集を締め切りました。
多数のご応募ありがとうございます。
応募いただいた勝負メシにつきましては、選考の上で後日発表いたします。ご期待ください!

 

市内の食材を活用した新メニューの考案により地産地消を進め、新たな販売促進を目指すことを目的として、牧之原市らしい一品を開発する「勝負メシ」プロジェクトを開催しています。

「現在の厳しい経済状況に打ち勝つ」ことや「地域の食材を食べて、これからの勝負に勝ち抜いていく」というメッセージを込めた「勝負メシ」で地域の飲食を盛り上げましょう。

イベント概要

市内の食材を活用した新メニューの考案により地産地消を進め、新たな販売促進を目指すことを目的として、牧之原市らしい一品を開発してください。

応募されたメニューについて、食材の活用方法や地産地消への貢献度などを評価して、優れたものを選定します。

​新メニューの要件

  • 牧之原産の食材(農水産物等)を一つ以上使用すること
  • 牧之原市の特徴を表すような、ネーミングおよびPRコメントをつけること
  • 募集部門は、「ランチ部門」「スイーツ部門」とする
  • 「ランチ部門」「スイーツ部門」とも店舗の通常メニューとして提供できるものであること
  • 新メニューは原則、新たに開発するものとするが、1年以内に開発したものも可とする
  • 応募点数は、1事業者あたり各部門1点とする

​参加事業者の要件

市内に事業所を有し、製造や販売などに必要な許認可を得ていること

応募方法

※募集締め切りました

審査の方法

  • ​書類選考(8月上旬)および実食選考(8月中旬)を行う
  • 1次選考として書類選考で各部門10点を選び、2次選考を実食選考とする
  • 開発メニューでの、食材の活かし方の工夫や地産地消への貢献度、栄養バランスなどを評価し、優秀作品5点を選考する
  • 実食選考は、各事業者が選考会場への持ち込みとする
  • 選考会場は、牧之原市総合福祉センター「さざんか」を予定(2階に調理室あり)
  • 選考員は、食材や栄養等に関して知識を有する人に依頼する(5人程度)
    市食推協、栄養士、農業関係者、有識者など

審査基準

  • ​市内産の食材を上手く活用しメニューに取り入れているか
  • 栄養バランスに配慮しているか
  • 色彩豊かで、食欲を増進させるいろどりの工夫がされているか
  • 牧之原市の特徴を表すネーミングがされているか
  • 食材の種類や使用料など地産地消として、地域に広く貢献するものであるか
  • 通常メニューとして提供できるものであるか  など

開発報奨金

  • 2次選考に選ばれた事業者には開発報奨金として、「ランチ部門」「スイーツ部門」ともに、1点につき30,000円を交付する
  • 当プロジェクトに応募し、2次選考に選ばれなかった事業者には、開発協力金として「ランチ部門」「スイーツ部門」とも1点につき10,000円を上限とし、予算の範囲内で交付する
  • セットメニューは単品でなく、1膳(1式)で1点とする

報奨金および協力金の支払い

2次選考終了後、令和4年9月末までに指定口座(別紙の振込先)へ報奨金または協力金を支払う。

新メニューの発表方法

  • 市ホームページや広報紙、LINEなどでお知らせする
  • 応募メニューは、すべての品をパンフレット(またはチラシ)にして、参加店などに配布する
  • 市や商工会、商店街イベント、将棋イベントなどで発表するほか、特別販売を企画する

留意事項

応募したメニューについては発表後、最低1カ月程度は一般客向けのメニューとして提供してください。

スケジュール

  • 7月1日~7月29日
    新メニューの募集 ※締め切り
  • 8月5日(金曜日)
    1次選考(書類)
  • 8月17日(水曜日)
    2次選考(実食) 会場:牧之原市総合福祉センター「さざんか」
  • 9月上旬
    優秀メニューの発表(将棋イベントなど)
  • 9月上旬以降
    各店舗での考案メニューの提供、市のイベントや商店街イベントなどでの販売
  • 9月末ごろ
    開発報奨金、協力金の交付
  • 10月ごろ
    パンフレットの発行