ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > お茶振興課 > 経営継続補助金について

本文

更新日:2020年7月22日更新
印刷ページ表示

経営継続補助金について

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を克服するため、感染拡大防止対策を行いつつ、販路回復や事業継続・転換のための取組を総合的に支援する制度として、経営継続補助金が国の2次補正予算で創設されました。

制度概要

事業名

経営継続補助金

対象者

農林漁業者(個人・法人) ※従業員数20人以下

支援機関

ハイナン農協・南駿河湾漁協・静岡県農業経営相談所など

支援内容

経営計画作成支援、事業実施支援等の伴走支援
※申請には支援機関からの確認書の添付が必要です。

事業期間

原則、令和2年12月末(令和2年5月14日から令和2年12月末までに支払いが完了した経費)

(1)経営継続に向けた取組《補助率4分の3 上限100万円》
経営支援機関による計画作成などの伴走支援を受けた経営継続に向けた取組
※補助対象経費の6分の1以上を「非接触型の生産・販売への転換」または「感染時の業務継続体制の構築」に充てる必要あります。
(2)感染拡大防止の取組《定額(1)の補助額が上限で50万円まで》
業種別ガイドラインに則した感染防止対策

補助金額の上限

  • 個人申請の場合 (1)と(2)の取組を合わせ上限150万円の補助となります。
  • 共同申請の場合 「(1)100万円×農林漁業者数」と「(2)50万円×農林漁業者数」で補助金額を算定し、上限1500万円の補助となります。

受付時期

2次受付開始

令和2年9月中旬予定

2次受付締切

令和2年10月中旬予定

補助金額の上限

  • 個人申請の場合 (1)と(2)の取組を合わせ上限150万円の補助となります。
  • 共同申請の場合 「(1)100万円×農林漁業者数」と「(2)50万円×農林漁業者数」で補助金額を算定し、上限1,500万円の補助となります。

詳細につきましては農林水産省のHPを御確認下さい。