ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総務課 > 市役所の仕事始め式が執り行われました

本文

更新日:2021年1月4日更新
印刷ページ表示

市役所の仕事始め式が執り行われました

市長訓示の様子

市役所の仕事始め式が、令和3年1月4日に執り行われました。

市長訓示では、職員に対し、新型コロナウイルス感染症拡大による前例のない事態に対する対応への感謝が述べられました。
そして、地域医療の中枢を担う病院従事者の皆さまや榛原医師会、周辺総合病院のご支援と、地域医療を守っていただいている医療従事者に対して、改めて感謝が述べられました。

さらに、民間事業者によるウエーブプール施設「静波サーフスタジアム」、図書交流館「いこっと」のオープンに対する地域活性化への期待のほか、市の防災拠点となる「相良地区放射線防護施設」や「相良牧之原IC北側地区の開発」など、市の戦略的なプロジェクトへの取り組みに対する決意が述べられました。

また「コロナを契機として行政の在り方、市民生活を取り巻く環境が変革期を迎えることから、『デジタル化の推進』『子育て世代への移住政策』など、SDGs持続可能なまちづくりを推進する必要がある」と述べた上で「自治基本条例にうたわれている職員となるよう、指示待ちの姿勢から政策提案型の職務へ脱皮するように」と職員に対する期待が述べられました。