ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康推進課 > 中部看護専門学校で卒業証書授与式が開催されました

本文

更新日:2020年4月1日更新
印刷ページ表示

中部看護専門学校で卒業証書授与式が開催されました

本市出身者と、来年度から榛原総合病院で働く皆さん

本市と藤枝市、焼津市、吉田町が運営する組合立静岡県中部看護専門学校(焼津市)の卒業証書授与式が令和2年3月7日、同学校の講堂で行われ、3年間の看護学校生活を終了した41人が出席しました。
式には、新型コロナウイルス感染拡大防止のため卒業生と職員のみが出席し、香川二郎校長から学生一人一人に卒業証書が手渡されました。

香川校長は「一歩一歩自分自身を高める努力を続け、自分自身が変化し向上することを実感し、そのことに喜びを見出し、同時に、多くの人々、社会に役立つ人生を送るとともに、『患者さんや同僚に思いやりを持ち、公正・誠実・謙虚を旨とし、礼節を重んずる』看護師に成長してほしい」とエールを送りました。

卒業生の多くは、4月から焼津市立総合病院、藤枝市立総合病院、榛原総合病院などに入職し、地域医療に貢献します。

卒業生の言葉

※写真右から順に掲載。( )内は出身地、4月からの職場。

鷺坂月乃さん(牧之原市、焼津市立総合病院)
 患者さんに対して良い看護ができるよう、日々努力していきたいです。

池ノ谷知世さん(焼津市、榛原総合病院)
 苦しいことも一緒に乗り越えてきた仲間のことを思い出して、頑張りたいです。

山本玲菜さん(菊川市、榛原総合病院)
 毎日元気いっぱいに仕事に取り組み、患者さんたちに元気を与えたいです。

長井蘭さん(藤枝市、榛原総合病院)
 健康第一・笑顔第一で、地域の皆さんのために頑張ります。

大畑和夏奈さん(藤枝市、榛原総合病院)
 患者さん第一で、日々勉強しながら良い看護をしていきたいです。