ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > こどもセンター > 令和3年度「児童虐待防止推進月間」標語募集について

本文

更新日:2021年5月15日更新
印刷ページ表示

令和3年度「児童虐待防止推進月間」標語募集について

厚生労働省では、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」を定め、家庭や学校、地域などの社会全般にわたり、児童虐待問題に対する深い関心と理解を得ることができるよう、期間中に児童虐待防止のための広報・啓発活動などさまざまな取組みを集中的に実施しています。その取組の一つとして、児童虐待問題に対する理解を国民一人ひとりが深め、主体的な関わりを持てるよう、意識啓発を図ることを目的として、標語の募集を行います。

募集内容

児童虐待問題に関し、国民一人ひとりの意識啓発を図るのにふさわしい、覚えやすい標語

応募資格

特に制限はありません。どなたでも応募できます。
※未発表の作品で、一人につき1作品まで。

募集期間

令和3年5月12日(水曜日)~6月30日(水曜日)
※郵送の場合は、当日消印有効とします。

応募方法

郵送はがきに作品と郵便番号・住所・氏名・年齢・職業・電話番号をご記入の上、応募先(応募先をご覧ください)へ郵送して下さい。また電子メールによる応募も可能です。その場合、記入いただく内容は郵便はがきによるものと同様です。

応募先

郵送の場合

〒310-0004 茨城県水戸市青柳町3896番地
東水戸データーサービス株式会社 標語募集担当 あて

電子メールの場合

アドレス:gekkann-hyougo@e-hds.com

※メールの題名は「標語の応募」としてください。
※ファイルを添付する場合は、Word、Excel、一太郎またはテキスト形式のいずれかによりお願いします。

選考結果の発表など

1作品を最優秀作品(厚生労働大臣賞)として決定し、本人に通知するほか、厚生労働省ホームページなどで発表します。また、11月7日(日曜日)に開催予定の「子どもの虐待防止推進全国フォーラム」(福岡県福岡市)で、賞状を授与します。
※ 新型コロナウイルス感染症の影響で、開催中止または延期となる場合があります。

標語の活用

最優秀作品は、国で作成する啓発ポスターなどに使用されるほか、児童虐待防止推進月間に全国各地で実施される広報・啓発活動などで幅広く活用されます。

過去5年間の標語最優秀作品

  • 平成28年 さしのべて あなたのその手 いちはやく
  • 平成29年 いちはやく 知らせる勇気 つなぐ声
  • 平成30年 未来へと 命を繋ぐ 189(いちはやく)
  • 令和元年 189(いちはやく) ちいさな命 待ったなし
  • 令和2年 189(いちはやく) 知らせて守る こどもの未来

お問い合わせ先 

厚生労働省 子ども家庭局 家庭福祉課 虐待防止対策推進室
Tel:03‐5253-1111(内線4898)