ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 子ども子育て課 > 新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する放課後児童クラブの対応

本文

更新日:2021年9月3日更新
印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する放課後児童クラブの対応

現在「緊急事態宣言」が適用され、市内においても感染が拡大している厳しい状況となっていることから、放課後児童クラブでは、緊急事態宣言等を踏まえた基本的対策方針 [PDFファイル/158KB]を徹底することにより、適切に運営できるよう取り組みます。

また、今後も感染防止対策として、「3つの密」を避けることや、「新しい生活様式」を取り入れるなど対策を一層強化するとともに、児童に適切な遊びや生活の場を提供し、健全な育成を図っていきます。

保護者の皆さまのご理解とご協力をお願いします。

協力依頼

放課後児童クラブの対応については、感染防止対策を徹底しつつ原則開所とし、引き続き放課後児童クラブをご利用いただけます。

緊急事態宣言が出された後も感染の増加傾向が続いていることを踏まえ、仕事が休みなどで家庭での保育が可能な場合は、放課後児童クラブをお休みするなどのご協力を、可能な範囲でお願いします。

放課後児童クラブについて

  • 児童、支援員の健康状態を確認するとともに、感染防止対策を講じた上で、通常どおり開所します。
  • おやつについては、食事中における感染リスクの軽減に配慮していきます。

児童・同居のご家族が体調不良の際の対応について

感染拡大防止のため、児童が以下の項目に該当する場合は、利用できません。

  1. 発熱などの症状(発熱、呼吸器症状(咳、のどの痛みなど)などの体調不良状態)
    ※発熱などの症状がある場合は、かかりつけ医などを受診するなどし、解熱後24時間以上経過、かつ呼吸器症状が改善傾向となるまで
  2. 新型コロナウイルス感染症の感染が判明、あるいは濃厚接触者に特定された場合
  3. PCR検査・抗原検査などの新型コロナウイルス感染症に関する検査を受ける場合および結果

※なお、同居家族が上記1および2に該当した場合にも、緊急事態宣言期間中は利用を控えてください

子ども子育て課への報告について

放課後児童クラブにおいて児童の安全安心を確保するため、児童または同居の家族に感染(疑いがある場合を含む)の可能性があることが判明した場合は、速やかに子ども子育て課までご連絡いただきますようお願いします。

放課後児童クラブが安全な場であるために、そして児童を守るために、以下のような場合は必ず子ども子育て課にご連絡ください。

  • 発熱などの症状がみられる場合
  • 新型コロナウイルス感染症の感染が判明、あるいは濃厚接触者に特定された場合
  • PCR検査・抗原検査などの新型コロナウイルス感染症に関する検査を受ける場合および結果

早期にご連絡をいただくことで、放課後児童クラブ内の消毒等の感染拡大防止のための対策に、いち早く取り掛かることができます。ご理解とご協力をお願いします。

また、児童、支援員の同居家族などが感染したことにより、児童、支援員が濃厚接触者の特定(疑いを含む)がされた場合は、急きょ、家庭保育の協力をお願いします。

臨時の閉所について

  • 放課後児童クラブ内(児童・支援員)で陽性が判明した場合は、閉所の措置を行います。
  • 小学校内で、感染者や濃厚接触者が判明した場合、または校内に感染の拡大の可能性がある場合において、学年・学級単位など(場合によっては学校単位)で、閉鎖もしくは臨時休校の措置があった場合、放課後児童クラブについても閉所の措置を行います。
  • 濃厚接触者などの検査結果が判明し、放課後児童クラブ内での感染拡大の恐れが解消されるまで臨時閉所とします。

早急な検査による感染状況の把握について

  • 臨時閉所が行われた場合には、保健所のPCR検査などが速やかに行われるよう実施支援を行います。
  • 必要に応じて市が榛原医師会に委託し、保健所のPCR検査対象外の児童・支援員のPCR検査などを行います。
  • また、濃厚接触者の特定が遅れた場合についても、必要に応じて市が榛原医師会に委託し抗原検査を実施し、感染状況の把握を行います。

差別・偏見・いじめなどの防止について

現在の新型コロナウイルス感染症の感染拡大においては、特に感染力の強い変異株の割合が増えており、どこにいても、誰にでも感染する可能性が従来よりも高くなっています。

このことを踏まえ、感染者とそのご家族の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。

その他

現在の感染拡大の状況や牧之原市の対応方針を鑑み、不要不急の外出や家族・親戚内での会食の自粛など、感染防止対策の更なる徹底をお願いします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)