ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 社会福祉課 > 牧之原市高齢者等早期発見SOSシステム

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

牧之原市高齢者等早期発見SOSシステム

認知症などで、外出先から帰宅できない方の早期発見のために

牧之原市にも、認知症による何らかの症状があり、生活に支障を来たす方が多くいます。
たとえ認知症になっても、住み慣れた場所で安心して暮らし続けることが出来るようにするための一つの方法として、『牧之原市高齢者等早期発見SOSシステム』があります。
この取り組みは、認知症の高齢者などが行方不明になったときに、事前に家族が登録した情報をメール配信し、できるだけたくさんの方の協力により、早期に安全を確保しようとするものです。

SOSシステムの流れ

  1. いざという時のために、対象となる方の情報を家族が登録
  2. 牧之原市役所と牧之原警察署で情報を共有
  3. 行方不明時、警察へ届け出るとともに、市役所に電話連絡
  4. まきのはらTEAメールと同報無線で情報を配信
  5. 市民の皆さんが可能な範囲で捜索に協力
  6. 早期発見・対象者の安全を確保する。
  7. 警察署からの連絡を受け、牧之原市役所から市民へ行方不明者保護の連絡

SOSシステムの登録方法

認知症のある方やそのご家族の方は、日常において不安に感じていることが多いことと思います。行方不明時には、落ち着いた対応が難しいうえ、警察署での手続きに時間を要する場合もあります。
少しでも心配なことがあれば、あらかじめ登録しておくことをお勧めします。

対象者

 牧之原市在住で、認知症などにより行方不明になる心配のある人

費用

 無料

登録時に用意するもの

 助成申請書 [PDFファイル/108KB]、本人の顔写真、印鑑 申請書見本[PDFファイル/146KB]

登録窓口

 牧之原市役所 社会福祉課(さざんか1階)

牧之原市見守りシール

牧之原市見守りシールの画像

「牧之原市見守りシール」は、高齢者等早期発見SOSシステム登録者の、普段お使いの靴・杖・かばんなどに貼り付け、行方不明時捜索の手助けをするために作成したものです。もしも、行方が分からなくなった場合は、このシールを目印にすることで、よりスピーディーな対応が可能となります。

その他の福祉サービス

徘徊高齢者家族支援サービス

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)