ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境課 > 牧之原市の環境方針

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

牧之原市の環境方針

基本理念

牧之原市は、牧之原大茶園や海岸線などの豊かな自然環境を有し、また、先人たちからは数多くの文化遺産を受け継いでいます。
一方で、生活の豊かさを追求した結果、環境への負荷を過剰に与え続けている状況にあります。
次の世代に地域の自然環境と文化遺産を引き継ぐため、牧之原市では、環境に配慮し環境負荷の少ない、持続可能な社会を構築するための環境施策を積極的に推進します。

環境方針

  1. 廃棄物の削減・リサイクル活動の推進
    職員一人ひとりがごみ分別についての認識を持ち、ごみの減量と再資源化を推進します。
  2. 省資源・省エネルギーの実践
    職員不在時や昼休み時の消灯、公用車使用時のアイドリングストップや節水など、電気、ガソリン、水道等の使用量を削減し、省資源・省エネルギーを実践します。
  3. 環境教育の実施
    市民に環境保全やリサイクル活動を進めてもらうため、環境講座や環境学習を実施します。
  4. 環境保全活動の推進
    環境目標、環境活動計画を定め、その達成に向けた取り組みを実践します。また、目標と計画は定期的に見直し、地域の環境に配慮することに努めます。
  5. 法規制の遵守
    環境に関連する法規制及びその他の要求事項を遵守し、継続的な環境保全に努めます。
  6. 職員への周知
    この環境方針は、全職員に周知させ、環境意識の向上に努め、一般市民にも公開します。

平成18年11月30日 牧之原市長 西原 茂樹