ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 税務課 > 新型コロナウイルス感染症に伴う納税の猶予について

本文

更新日:2020年5月1日更新
印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症に伴う納税の猶予について

1.徴収猶予の特例制度

新型コロナウイルス感染症の影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、最大1年間、地方税の徴収の猶予を受けることができるようになります。

担保の提供は不要です。延滞金は免除となります。

※分割での納付にも対応しておりますのでご相談ください。

対象者

以下の要件のいずれにも該当する方が対象となります。

  1. 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
  2. 一時に納付または納入を行うことが困難であること。

対象となる市税

令和2年2月1日から令和3年1月31日までの間に納期限がある市税

<令和元年度>

  • 固定資産税(第4期)
  • 国民健康保険税(第8期)
  • その他法人市民税や随時に課税するものなど

<令和2年度>

  • 固定資産税(第1~3期)
  • 市県民税(第1~3期)
  • 国民健康保険税(第1~6期)
  • 軽自動車税(種別割)
  • その他法人市民税や随時に課税するものなど

申請の手続

関係法令の施行(令和2年4月30日)から2か月後、または納期限のいずれか遅い日までに申請が必要です。

  • 申請書提出前に、税務課まで事前連絡をいただきますようお願いします。
  • 関係法令の施行(令和2年4月30日)から2か月以内の申請の場合、令和2年2月1日に遡ってこの特例を受けることができます。

提出する書類

記載方法

記入例および申請の手引きをご参照ください。

注意事項

  • 口座振替に対応できませんので、納付書による納付をお願いします。
  • 口座振替登録をされている方で、口座引落日直前の申請の場合、引落しを中止できない場合がありますので、ご了承ください。

その他

  • 徴収猶予の特例制度に該当しない場合でも、以下の既存の猶予制度に該当する可能性がございますので、ご相談ください。

2.納税の猶予(既存の制度)

以下のような理由により、市税を一時に納付することができないときに、申請により、納税が猶予される場合があります。

  1. 財産について災害を受けた、または、盗難にあった場合
  2. 納税者、または、生計を一にする親族が病気または負傷した場合
  3. 事業を廃止、または、休止した場合
  4. 事業に著しい損失を受けた場合
  5. 上記に類する事実があった場合

徴収猶予が認められると

  1. 納税が猶予され、市税を分割して納付することとなります。 
  2. 猶予期間中の延滞金の一部または全部が免除されます。
  3. 財産の差押えや換価(売却)が猶予されます。

申請の手続

以下の書類を提出してください。

その他

  • 申請を希望される方は、事前に税務課までご連絡ください。状況を確認の上、申請方法のご案内をします。
  • 申請していただいた場合でも、却下となり猶予が認められない場合があります。
  • 申請が承認された場合でも、猶予期間中に猶予の取消事由に該当したときは、猶予が取消となる場合があります。

3.換価の猶予(既存の制度)

市税を一時に納付することにより、事業の継続または生活の維持を困難にするおそれがあるなどの一定の要件に該当するときに、申請により、1年以内の期間に限り、差押財産の換価(売却)が猶予される場合があります。

また、納税者からの申請によるほか、牧之原市長の職権により猶予が認められる場合もあります。

換価の猶予が認められると

  1. 差押中財産の換価(売却)が猶予されます。
  2. 納税が猶予され、市税を分割して納付することとなります。
  3. 延滞金の一部が免除されます。

申請期限

猶予を受けようとする市税の納期限から6か月以内

その他

  • 申請を希望される方は、事前に税務課までご連絡ください。状況を確認の上、申請方法のご案内をします。
  • 他に市税などの未納がある場合は、猶予を受けることができません。
  • 申請していただいた場合でも、却下となり猶予が認められない場合があります。
  • 申請が承認された場合でも、猶予期間中に猶予の取消事由に該当したときは、猶予が取消となる場合があります。

4.申請書類の提出先

〒421-0495 静岡県牧之原市静波447番地1

牧之原市役所 榛原庁舎 2階 税務課 収納管理係

※郵送または窓口のいずれでも提出可能ですが、感染症対策のため、郵送による申請にご協力ください。

5.その他関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)