ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 税務課 > 軽自動車税のグリーン化特例(軽課)の見直しについて

本文

更新日:2019年11月7日更新
印刷ページ表示

軽自動車税のグリーン化特例(軽課)の見直しについて

対象基準の見直しおよび適用期限の2年延長

軽自動車等のグリーン化特例(軽課)につきまして、特例の対象車が見直しされ、適用期限が2年延長されます。

軽減が適用されるのは、当該取得をした日の翌年度分の軽自動車税(1年限り)になります。
なお、軽減された翌年度からは標準税率(新税率)となりますので、ご注意ください。

  • 平成29年4月1日から平成30年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両
    →税率の軽減年度:平成30年度軽自動車税
  • 平成30年4月1日から平成31年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両
    →税率の軽減年度:平成31年度軽自動車税

現行と改正後のグリーン化特例(軽課)の軽減および対象車

軽減率

区分

対象基準

現行(※1)

改正後(※2)

75%軽減

乗用、貨物用

電気軽自動車および天然ガス軽自動車

現行と同様

50%軽減

乗用

平成32年度燃費基準+20%達成

平成32年度燃費基準+30%達成

貨物用

平成27年度燃費基準+35%達成

現行と同様

25%軽減

乗用

平成32年度燃費基準達成

平成32年度燃費基準+10%達成

貨物用

平成27年度燃費基準+15%達成

現行と同様

(※1)電気軽自動車及び天然ガス軽自動車を除き、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車に限る。
(※2)電気軽自動車及び天然ガス軽自動車を除き、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車または平成30年排出ガス基準50%低減達成車に限る。

グリーン化特例(軽課)対象車の税率

車種

75%軽減(年額)

50%軽減(年額)

25%軽減(年額)

四輪・乗用(自家用)

2,700円

5,400円

8,100円

四輪・乗用(営業用)

1,800円

3,500円

5,200円

四輪・乗用(自家用)

1,300円

2,500円

3,800円

四輪・乗用(営業用)

1,000円

1,900円

2,900円