ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 静岡牧之原茶 > お知らせ一覧 > お知らせ > フランス国籍のフセ ルナさんが市内で茶業や日本文化を学びます

本文

更新日:2022年4月15日更新
印刷ページ表示

フランス国籍のフセ ルナさんが市内で茶業や日本文化を学びます

表敬訪問

表敬訪問

フランスのロレーヌ大学で農地の保全や活用など、マネジメントについて学ぶ フセ ルナさん(21歳)が、この春から約1年間、牧之原市への滞在を決意し、活動をスタートしました。

ルナさんは、日本の農業、特に茶業に興味があったことから、茶業の盛んな牧之原市での活動を希望し、今後1年間、市民として農(茶)業に従事するほか、秋からは日本の大学への留学を目指しているそうです。

4月15日(金曜日)には、杉本牧之原市長を表敬訪問し、「茶業などモノづくりに興味があるので、牧之原市で学んだことを活かした職業に就きたい」など希望と抱負を語ってくれました。

杉本市長からは、呈茶に合わせて「お茶の魅力や効能」を伝えるとともに「ぜひこの機会に牧之原茶についてもっと知って」「サーフスタジアムなど市内の魅力的な施設もぜひ訪れて」など歓迎の言葉と記念のマフラータオルが贈られました。


静岡の茶草場農法

牧之原台地茶園

牧之原新茶まつり

牧之原市