ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 静岡牧之原茶 > お知らせ一覧 > お知らせ > 牧之原市相良製茶協議会が相良地区の子どもたちにお茶を寄贈しました【令和3年7月13日】

本文

更新日:2021年7月14日更新
印刷ページ表示

牧之原市相良製茶協議会が相良地区の子どもたちにお茶を寄贈しました【令和3年7月13日】

相良製茶協議会 お茶寄贈式

相良地域の製茶工場で組織する「相良製茶協議会」(福島鎮夫会長)は、市役所榛原庁舎を訪れ、静岡牧之原茶を寄贈しました。

これは、「子どもたちに、小さいころから地元のおいしいお茶を味わってもらい、お茶のファンになってもらう」ことを目的に同協議会が毎年実施しているもので、一番茶約54キログラムが、相良地域の小学校と幼稚園・保育園14施設に贈られます。

福島会長は「今年のお茶は特に質が良い。ぜひ多くの皆さんに飲んでいただきたい」と話しました。寄贈茶は、相良製茶協議会会員によって各施設に寄贈される予定です。


静岡の茶草場農法

牧之原台地茶園

牧之原新茶まつり

牧之原市