ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 移住定住サイト > 牧之原市に住む > 住宅関連の制度について > 令和3年4月1日から子育て家族定住奨励金を一部改正します

本文

更新日:2021年3月5日更新
印刷ページ表示

令和3年4月1日から子育て家族定住奨励金を一部改正します

市内に住宅を新築または購入した「子育て家族」に奨励金が交付されます。
令和3年4月1日から、市外から転入してきた家族について、新たに奨励金を交付し、併せて奨励金額の見直しを行います。

対象となる「子育て家族」とは

  • 住宅の引き渡し日の属する年度の4月1日時点で40歳未満の夫婦
  • 申請日時点で中学生以下の同居する子どもがいる夫婦

奨励金額

基礎額に、(1)~(5)を加算した額が奨励金になります。

奨励金額の変更表
    従来制度 改正制度
基礎額 住宅取得分 30万円 20万円
加算額 (1)土地取得加算 20万円 10万円
(2)中学生以下の子と同居加算 1人当たり 10万円
(3)市内事業者からの新車購入加算 30万円
((3)か(4)を選択)
10万円
((3)か(4)を選択)
(4)市内事業者による住宅建築または購入加算
(5)市外からの転入家族加算【新規】 10万円
  • 「牧之原市勤労者住宅資金利子補給金」の交付決定を受けた場合、(3)(4)の加算を受けることができません。
  • (5)家族加算は、対象住宅の引き渡し日から過去2年以内、または引き渡し日以降に本市に住民登録し、かつ転入日から過去3年以上、他の市区町村に住民登録されていたことが条件となります。

条件(変更なし)

取得要件

市内に新築または購入した住宅に定住すること

取得費用

対象となる住宅の取得価格が300万円以上であること

持分要件

対象となる住宅が共有である場合は、夫婦等の持分の合計が2分の1以上であること

共有要件

  • 対象住宅の延床面積が50平方メートル以上あり、玄関・居室・台所・便所・浴室を備えていること
  • 「牧之原市空き家リフォーム等補助金」の交付を受けていないこと
  • 市町村税の滞納がないこと

申請期限(変更なし)

住宅の引き渡しから2か月以内

申請方法(変更なし)

  • 交付申請書に必要書類を添えて、情報交流課に提出してください。
  • 交付には取得金額や延床面積など諸条件がありますので、事前に相談してください。