ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 図書館 > お知らせ > イベント情報 > 「令和元年度よもーね!マキノハラ 講演会・おはなし会」を開催しました

本文

更新日:2020年1月31日更新
印刷ページ表示

「令和元年度よもーね!マキノハラ 講演会・おはなし会」を開催しました

r1-yomone-1 r1-yomone-2
「よもーね!マキノハラ講演会・おはなし会」が、令和2年1月18日土曜日、榛原文化センターにて開催されました。
今回は、静岡福祉大学図書課長の進藤令子さん、バリアフリー布絵本作家の山本敬子さんを講師にお招きし、「福祉のこころと図書館の可能性」をテーマに講演会とおはなし会を行いました。
講演では、進藤さんによるバリアフリー絵本の世界の魅力についてご講演いただき、誰もが楽しむことができる“手で見る絵本”や“さわる絵本”の紹介や、本をとおして福祉のこころを育む大切さを教えていただきました。
講演の後は、山本さんによるおはなし会を行い、2020年の干支に合わせて、『ねずみ』をテーマに布絵本や手袋人形、手遊びなど扱った、参加型のおはなし会を行っていただきました。
会が終わった後も、布絵本から離れずに楽しんでいる子ども達の姿が印象的でした。
なお、相良図書館・榛原図書館では2月2日(日曜日)まで、静岡福祉大学共催の『バリアフリー絵本展』を開催中です。どなたでも楽しめる布絵本や点字絵本が並んでいます。ぜひこの機会にお越しください!
写真左:進藤令子さんによる講演会の様子
写真右:山本敬子さんによるおはなし会の様子